CSR・環境教育・社員福利厚生支援サービス

 「省エネ」+「家庭の電気代削減」に取り組むグローカルで新しい環境貢献


『省エネに取り組むこと』=『家計を助けること』につながるという実感を、数値やグラフを用いた見える化で実現します。
実感をともなった取り組みは、より継続的なものに発展していき、最終的には地球環境への貢献へとつながります。

こんなことでお困りではありませんか?

  • 社員の環境意識を高めたいが、いいツールがみつからない
  • 地域貢献につながる取り組みを展開したいが、なにを提供したらよいか悩んでいる
  • 社員の家計を手助けしたいが、支給できる原資にも限界があるので、安価で提供できるものを探している

エネがえるが提供するソリューション

社員の家庭や、地域の子供たちの家に計測機器を貸し出し。家庭の省エネ化や電気代の見直すための「エネがえる診断レポート」を発行し、身近なところから環境意識を高めます。

社員の新しい福利厚生サービスとして
csr_01
社員への直接的な金銭やサービス支援だと不公平が生じやすく手続きも多く大変ですが、エネがえるなら「家庭の電気代削減のための診断をする」という明確で誰にとっても嬉しいメリットを公平に提供できます。
自分の家と他の家庭との比較もできるので、社員同士のコミュニケーション促進も図れます。

子供たちへの環境教育教材として
csr_02
     計測機器には、使用している消費電力の大きさがリアルタイムにモニターに表示されます。
家電のON-OFFに反応して表示が切り替わりますので、各家電がどれだけの電力を消費しているかがわかり、大人も子供も分かりやすく楽しく学ぶことができます。
自治会で各家庭のレポートを見ながら、地域でピークシフトを考えることも可能です。

サービスフロー

診断レポートの発行までの流れは以下のようになっています。

手順1
  • ①お申し込みいただきましたら、料金診断システムのID とパスワードを御社に提供します。
procedure02_03
  • ②御社から社員や地域住民へ、料金診断サービスを実施する旨のお知らせをします。
  • ③申込書を受領します。
手順4
  • ④計測機器を御社へ貸し出しますので、お申込のあった方のご家庭に取り付けてください。
  • (各家庭に貸し出すときには、料金診断システムに貸与情報を登録します。)
手順5
  • ⑤計測期間が終了しましたら、ご家庭から計測機器を回収します。
手順6と7
  • ⑥料金診断システムに計測したデータをアップロードします。
    ⑦診断レポートが表示されますのでダウンロードします。
手順8
  • ⑧診断レポートを印刷しお申込者にお渡しします。
手順9
  • ⑨計測機器を弊社に郵送で返却します。
  • ※システムへの入力がお手間な場合は、代行入力などのサービスオプションもご利用いただけます。

合わせて読みたいコンテンツ

お問い合わせ、見積依頼はこちら
まずは気軽にご相談ください

お問い合わせ

ページトップへ

閉じる