マンション高圧一括受電効果診断サービス

 マンションの高圧一括受電化をする前に「本当に安くなるか」を診断します。

マンション管理組合様や管理会社様に対し、高圧一括受電か個別契約か、どちらが電気代削減につながるかを診断するサービスです。
各戸に電気料金プラン最適化サービスを導入し、診断結果をマンション全体としてとりまとめ、高圧一括受電への切り替えが経済的かを診断した報告書をご提供します。

管理組合や管理会社様のこんなお悩みを解決します

  • 高圧一括受電に切り替えることが現状の個別契約より経済的なのかよくわからない
  • 切り替えの効果が本当なのか不安があり、住民同意を得るのに苦労をしている

「各戸の料金プラン見直し」で高圧一括受電より安くなる可能性も

現在、多くのご家庭が電力会社の従量電灯プランを利用しています。
高圧一括受電の料金計算には、「従量電灯」契約と同様の算定方法を用いたあと、5~10%程度割引をかける方法があります。
しかし、各戸のライフスタイルによっては、「従量電灯」の料金プランからほかのプランに変更することで10%以上の削減になるケースもあるため、高圧一括受電への切り替えがお得ではない可能性があります。
高圧一括受電は契約期間が一般に10年~15年と長期で、一度切り替えすると元に戻すハードルも高いため、切り替え前に管理者様と住居者様で慎重に協議する必要があります。

エネがえるが提供するソリューション

 マンションの各戸の電力使用量を計測します

まずは、各居住者宅が現在どのくらい電気を使用しているのか、計測機器をレンタルしてデータを取得します。
データはお客様が各戸より収集すれば、居住者間で見られることはありません。

 それぞれの家庭で、最も経済的な料金プランを診断します

計測したデータを使って、各電力会社の料金プランの中から最もお得なプランはどれか、差額はいくらになるかをリストアップしたレポートを作成します。

 高圧一括受電と比較した報告書を提供します

高圧一括受電によるマンション全体の電気代削減額と、各世帯による料金プラン変更した場合の経済性を比較して、報告書としてまとめます。
マンション全体で見たときに、どちらが最も良い選択になるか、住民を説得・相談する有力な資料としてご利用いただけます。

サービスの特徴

1.複数のPPS事業者の料金プランを比較可能

特定の高圧一括受電サービス事業者との比較ではない場合、複数の特定規模電気事業者(PPS)の料金体系と比較することも可能です。

2.継続的に使える計測データを取得できる

各戸の時間帯ごとの消費電力量を見える化できるため、今後の省エネへの取り組みを方法をお客様ご自身で検討することができます。

サービスフロー

manshon01

①マンション管理組合、管理会社、高圧一括受電サービス事業者様などの団体や事業者様と契約を行います。
(※マンション居住者からの事前の調査承諾が必要です)

manshon02

②契約者様に計測機器を貸し出しします。

manshon03

③契約者様は、マンション各世帯に計測機器を引渡し、計測を開始します。

manshon04

④計測期間が終了したら、各世帯から計測機器を回収し、弊社にご返却いただきます。

manshon05

⑤弊社が計測機器から計測データを取得し、各戸ごとの診断レポートを作成します。
(比較対象とするのは、調査時点で公表されている電力小売事業者のすべての料金プランとなります。)

manshon06

⑥各戸ごとの電気代削減効果の合算値と、高圧一括受電後の電気代削減効果額を比較したレポートを報告します。

合わせて読みたいコンテンツ

お問い合わせ、見積依頼はこちら
まずは気軽にご相談ください

お問い合わせ

ページトップへ

閉じる