エネがえるのつぶやき 電気料金最適化サービスの最新情報をお届けします。

ブログ記事詳細

2017年3月30日

ZEHビルダーやスマートハウス・蓄電池の営業企画・販売支援の方に好評な営業ツール | 太陽光・蓄電池導入診断ASPサービスZEH・ゼロエネルギー

ZEHビルダーやスマートハウス・蓄電池の営業企画・販売支援の方へ

最近、ポストFIT・自家消費の流れでZEHビルダーの方々や蓄電池の拡販を検討中の
住宅メーカー・リフォーム会社・住設会社、建材商社・電材商社の方々からの反響、引き合いが急増しております。

●背景
・ポストFIT・太陽光発電の自家消費のトレンド
・2019年問題。2019年から住宅用太陽光発電における10年間のFIT買取期間の終了となる方があらわれます。
・つまり、売電より自家消費がお得な時代に。そこで家庭用蓄電池がキーとなる。
・創蓄省エネ。つまり、太陽光発電×HEMS×蓄電池+新電力への切り替えによる
電気料金削減の組み合わせの提案が肝に。

・さらに2017年~2019年に予測されるEVや蓄電池の大幅なコストダウンと普及(テスラ、パナソニック、海外蓄電池メーカー・・)
・スマートメーターの普及は東京電力管内で2020年100%目標で推進中。関西電力管内も2022年に100%になる予定。
・関西電力管内のスマートメーター普及率はすでに50%超。国内全体でも2000万世帯がすでにスマートメーター設置済。
・今後、スマートメーターやHEMSから取得できる使用電力データをどう利活用するか?もキーポイントに。

●こんな方々から問い合わせが多数来ています。当てはまる方はご相談を。
①建材商社・電材商社で蓄電池の拡販を検討されている役員・営業企画部部長・販売支援系キーパーソン
②住設会社・スマートハウスを提案している販売会社の社長・役員・営業企画責任者
③大手住宅メーカー・リフォーム会社・建材商社の営業企画・役員

●抱えていらっしゃる悩み
悩み①新電力・太陽光発電・蓄電池・HEMSなどの組み合わせや導入効果のシミュレーションをやりきれない。エクセルじゃ無理
悩み②メーカー支給のシミュレーションツールでは不十分。既存10電力にしか対応していないためお客さん視点ではない。
悩み③誰でも気軽に使える営業ツール、診断シミュレーションツールを用いて既築OBはもちろん新築向け営業に活かしたい。
悩み④FIT買い取りが終了しはじめる2019年に向けていまから自家消費向けの蓄電池の販売プロセスを構築しておきたい。
悩み⑤HEMSなどのデータを活用しきれていないお客様がたくさんいるため、その利活用のソリューションを探している。


●こんなツールがあるのをご存知でしたか?

太陽光・蓄電池導入効果シミュレーションシステムのエネがえる | 国際航業株式会社

エネがえるって?
エネルギー&スマートハウスに携わる法人・事業者のためにつくられた

業界No.1の電気料金&太陽光・蓄電池導入効果診断システム

国内No.1の183社・1,710の電気料金プランやガス料金プラン、国内蓄電池メーカー情報をDB化し、当社専任スタッフが毎月アップデート。

貴社の営業担当は、クラウド上のWEB画面にお客様情報(世帯情報や電気利用データ)をアップするだけでOK。

たったの5分できれいでわかりやすい診断レポートが出来上がります。使えば使うほど貴社だけの貴重なビッグデータが蓄積。



レポートのデザインやロゴなどは貴社独自にカスタマイズも可能です。

●問い合わせ先

お問合わせはお気軽に。

国際航業株式会社 事業開発本部電力サービス開発グループ
エネがえる運営事務局 樋口悟
satoru_higuchi@kk-grp.jp 


合わせて読みたいコンテンツ

お問い合わせ、見積依頼はこちら
まずは気軽にご相談ください

お問い合わせ

ページトップへ

閉じる